Fandom


参考記事:Artifact Room (Undertale Wikiより翻訳・加筆)


うーん…このへや…どうもウザいかんじがする… それがなぜなのかは、わからない…
パピルス 宝の間での通話


宝の間(Artifact Room)とはウォーターフェルにある隠し部屋である。ピアノのパズルを解くことで入れるようになる。

概要 編集

伝説の宝が置いてある以外はシンプルな作りとなっている。台座に乗った赤い球体が伝説の宝である。取ろうとするとメッセージ「もちものに イヌがおおすぎて/これいじょう もてない」が表示され取得できない。アイテム欄にうざいイヌが増えており[1]、所有している限り宝を調べても同じメッセージが表示され続ける。うざいイヌを使うか捨てるかすると部屋の中にうざいイヌが現れ、宝を吸い込んで壁をすり抜けて東へと去ってしまう。このイベントの後、持ち物にイヌのおとしものかイヌサラダが入る。残された台座は調べると「たからは きえてしまった」と表示される。


小ネタ 編集

  • この部屋はUNDERTALEがSteamで販売される前のトレーラー(Steam Greamlight)に登場したマップと思われる。トレーラーではまだ開発中だと説明されている部屋を主人公が勝手に動き回ったりサンズが何もない空間にいたりパピルスが急に画面に現れたりと好き放題に振る舞いナレーションからツッコミを入れられている。
  • チートを使いセーブデータやファイルを改変するなどしてうざいイヌをインベントリから追い出した状態で宝を調べると"ありえないエラーです"(公式日本語訳)というテキストが表示され、再度宝を調べると宝のグラフィックは存在するものの宝が無くなった場合と同じテキストが表示される。
  • この場所でパピルスに電話すると彼がうざいイヌの気配を感じていることが伺える。
  • アンダインに電話するとピアノのパズルを解いたのは主人公が初めてだという話が聞ける。彼女は誰かがパズルを解くのを楽しみにしていたが今まで挑戦した者は皆諦めてしまったようだ。再度電話すると新しい宝を見つけてこなくてはといった話をする。
  • トリエルを逃がしていて、うざいイヌがアイテム欄にいる状態で電話すると、持ち物の中から着信音が聞こえるというテキストが表示される。これはいせきで最初にトリエルから携帯電話を受け取った際に長時間放置するとトリエルの電話がうざいイヌに奪われるイベントが発生することから、この時もイヌがトリエルの電話を奪って飲みこんだものと思われる。
  • Switch版ではこの場所で"Super Dog, Hoi"の実績が解除される。

参照

  1. 実は部屋に入った時点で持ち物にうざいイヌが増えており、部屋から離れるとうざいイヌは消える。もともと空きが無い場合、部屋の中でアイテム欄を空けるとその場で空き枠にうざいイヌが入りこむ。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。