Fandom


参考記事:http://undertale.wikia.com/wiki/Genocide_Route (Undertale Wikiより翻訳・加筆)


この記事は未翻訳の記事になります。
この記事は英語版を参考にベースのみ作成した記事になります。こちらの記事を参考にあなたの力で記事を完成させてください。
ネタバレ注意!
この記事には大きなネタバレ要素が含まれています。もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。
このまま いまの やりかたを つづけて たら…

おまえは そのうち サイアクな めに あわされるぞ。
スノーフルの森にて、サンズ


Genocide Route(Gルート、虐殺ルート)は、Undertaleの主な三つのルートのうちの一つ。主人公が地底で殺害可能なモンスターを全て殺すことで成り立つ。

このルートは、以前どのルートをクリアしたかに全く関係なく起こり得る。なお、一度でもGルートを完遂してしまえば、たとえ「本当のリセット」をした上でも、それ以降行ったPルート、並びにGルートのエンディングが変化してしまう。

概要編集

主人公が、いせきでトリエルに留守番テストをされてから、ニューホームまでの全ての地域(いせきスノーフルの森ウォーターフェルホットランドコアを含む))で全ての敵を殺害することにより成立する。

一つのエリアのモンスターを故意にでもエンカウントを発生させ、完全に居なくなるまで殺し尽くして歩き続けると、奇妙にもエンカウントが起こるが、モンスターが存在せず、通常より小さな字で「しかし だれも こなかった。」という一文が書いてあるだけの画面である。この現象自体はNルートの状態でも発生するが、いせきから、訪れるエリアで次々にこれを発生させることが条件である。

このメッセージの後、BGMが「mus_toomuch.ogg」というファイル名の、不気味で歪んだものに変化する。この曲は、Your Best Friendの一部を1/13のスピード[1]で再生したものである。

いせきの脱出後、ほとんどの道中曲が、P及びNルートより格段に遅く、低ピッチで再生される。

主人公がGルートに求められる条件をたとえ一つでも満たさなかった場合、強制的にNルートとなり音楽も通常に戻る。

条件 編集

通常ゲームプレイとの差異点編集

いせき探索中編集

  • EXPを1でも獲得すると落ち葉の山とバルコニー前のフロギーが、携帯電話入手後に12体殺害してから6つの落とし穴の部屋に入るとベジトイドも、16体殺害後は残る全てのフロギーと6つの落とし穴の部屋のナプスタブルーク(16体殺害前に来なかった場合)も、20体殺害によりスパイダースイーツ即売会前通路のナプスタブルークも消滅し、それぞれ会話も戦闘もできなくなる。
  • コアまでは、キル・カウンター満了後にセーブポイントを調べると、「ケツイ。」とだけ表示される。
  • 20体殺害済みでトリエルの家でキッチンを調べた際、赤文字で"ナイフはどこだ。"と表示される
  • 20体殺害済みで鏡を調べた際のテキストが"じぶんだ!"から"これは、じぶん…(プレイヤー名)だ。"になる。
  • 20体殺害後、トリエル戦ではターン数を経過させずともたたかう(攻撃)一回でトリエルが絶命するようになる。これは一部のボスモンスターを除いてのGルートにおいての決まりとなる。
    • この状態でこうどう←はなすした場合、"はなしあっても ムダだ"となる。また、ターン数を経過させないままに殺害すると、専用の表情と台詞を示す。
  • 21体以上殺害すると、ステータスの右下隅にKILLS(殺害数)が追加される。
  • トリエルを殺害して訪れたいせきの出口で、フラウィが主人公の正体に気付き、笑い声の代わりに「う~ん、何て素敵なアイデア」と喋る。
    • この会話を発生させてしまうと、セーブデータのロードやリセットでトリエル戦か20体殺害前をやり直しても、フラウィが2度といせきの出口に現れない。
    • この会話を発生させてしまってから、リセットで開幕に戻ると、チュートリアルの代わりに「ホンキなの?まあ すきにすればいい。ボクは まってるからね」と告げられ、再リセットしようが2度といせきの入り口ですら会えない。

スノーフルの森突入時編集

  • ここ以降、コア以前において、セーブポイントを調べると赤文字でランダムエンカウントにおける残り殺害数を表示する。
  • ゆきだるまのかけらを3つまで入手することが出来る。オワライチョウを殺害せずに16体殺害すると、セーブポイントを調べた際に白文字で「あの げいにんに にげられた。しっぱいだ。」と表示され、スノーフルの町突入以降がNルートになる。
  • レッサードッグを見逃す前にはフライドスノーを売るサンズナイスクリーム屋が以降のエリアに一切登場せず、ナイスクリーム及びパンチカードを入手することが一切出来ない。
  • ワンボーを殺害していて、レッサードッグを見逃していなければ、イヌカップル戦までのパピルスの繰り出すパズルや選択肢を突っ撥ねる。
  • イヌカップルを殺害していて、レッサードッグを見逃していなければ、グレータードッグ戦までのパズルを素通りでき、スパゲティの処遇も尋ねられない。
  • グレータードッグを殺害していて、レッサードッグを見逃しておらず、16体殺害していなければ、オワライチョウを殺害するまで、スノーフルの町に到達して以降、セーブポイントを調べる度に残り殺害数ではなく「あの げいにん か…」と赤文字で表示する。
  • 上の条件を達成すると、パピルスへのこうどうがぶんせきだけになる。これはホットランドを除いてのGルートで全体的に変化のある戦いの決まりとなる。
    • 更にパピルスに1度も敗れていなかった場合、一切攻撃して来ない。

ウォーターフェル突入時編集

  • アンダインの投げ槍から逃げ切った所の桟橋にわたしぶねが出現せず、使用できない。カタツムリも左の2匹が既に消滅している。
  • シャイレーンを殺害していると、ぷんすかマネキンではなくにっこりマネキンと戦闘。
  • にっこりマネキンを殺害すると、黄色い鳥とカタツムリとテミー(壁の割れ目の中以外)とマッシュルームのNPCが全滅し、川を飛べなくなる。
  • にっこりマネキンを殺害すると、大学の学費を払えずテミーアーマーを購入できない。
  • にっこりマネキンを殺害したが、ウォーターフェルで18体を殺害していない場合は、橋直前で引き返すように赤文字で警告が出る。警告を無視して橋の奥へ進むとNルートとなる。
    • 上の条件を達成した場合は、橋直前にエリア名が空白であるセーブポイントが追加される
  • エリア名が空白であるセーブポイントが現れていると、橋でモンスターの子と戦闘になる。たたかう(攻撃)を1回行うと???と連戦になる。なお、通常のアンダインとは戦闘にならなくなる。

ホットランドコア突入時編集

  • ホットランドでのメタトンとの戦闘が2戦ともカットされる。それらに伴うイベントも無く、アルフィーは名前以外の出番が無いため携帯電話も改造できない。
  • セーブポイントの一つであるマグマチェンバーの前の部屋でロイヤル・ガードと戦闘する。ぶんせき内容も完全に変わっており、ステータスすら確認できない。
  • スパイダースイーツ即売会に客とマフェットがおらず、9999G掛かるスパイダースイーツを買ってもマフェットと戦闘を回避できない。この時点で、楽しかったとは告げられず再会もできないことが確定している。
  • METAホテルに居た折り紙のような姿をしているNPCがボックスに置き換わっていて、他のNPCも居ない。
  • メタトンNEOは実質的に審判係となっており、以上のボスモンスターおよび40体の殺害によりGルートの条件が完全に達成されたか否かで台詞が変化する。

ニューホーム突入時 編集

  • これまで戦闘になってきたモンスター達ではなく、フラウィの話を聞く。
  • さいごのかいろう入り口にボックスが追加され、審判から続いて???との戦闘になる。exp、LOVEの意味は教えてもらえない。

エンディング 編集

玉座の間に辿り着いた主人公はアズゴアや、彼にとどめを刺したフラウィを問答無用であっけなく手にかける。その後、最初に地下に落ちた人間が姿を現し、主人公から主導権を奪い取りこのゲームの世界を破壊する結末に陥いれる。この場合、どちらの選択肢を選んでも、最後にはそのような結末になる。

世界が破壊された後、ゲームをもう一度起動し、しばらく放置すると「魂を明け渡し、世界をもう一度作りなおすか」と、最初に落ちた人間が尋ねてくる。

この提案を受け入れるとセーブデータは完全にリセットされ、もう一度ゲームを遊ぶことができる。 しかし、その後の世界は最初に落ちた人間の手が入っているためか、True PacifistルートまたはGenocideルートはエンディングが変容したものとなっている。これは完全リセットを行っても元に戻ることはない(Steam版の現行バージョンでは、Steamクラウドによるセーブデータバックアップを無効化しない限り、改変行為を行っても変化は戻せない)

Gルートエンディングを見た後にPルートエンディングに辿り着いた場合編集

プレイヤーがトリエルと一緒にいることを選択した場合、パイを床に置くシーンが、トリエルがドアを閉じた後でも少し続く。赤い目と頬をした主人公がプレイヤーの方を向き、フラウィの笑いを少し遅くしたような悪魔じみた笑い声をあげながら、画面は暗転する。また、その後表示される”THE END”が赤文字になる。なお、この後どれだけ待ってもうざいイヌは現れない。

一方、元いた場所に戻る選択をした場合、主要人物たちとの集合写真が表示される。しかし、その写真の主人公の姿は、最初に落ちた人間のものに変わっており、その人間以外のモンスターたちの顔が、「殺害された」ことを暗示するような赤いバツ印で消されている。同じく”THE END”が赤文字になり、この後どれだけ待ってもうざいイヌは現れない。

この結末の名は'Soulless Pacifist'と呼ばれており、先に書いた通り、正規手段でこの状態を解消することはできない。

Gルートエンディングに二度以上たどり着いた場合編集

《エンディング内の台詞が変更され、「何故世界を再構築してまた破壊することを続けるのか」という問いかけと、「『捻じ曲がった感傷性』を持つから、プレイヤーはこんな変な行動を取るのだ」「自分の意見とは関係なく、またプレイヤーは世界を再構築するだろう」という発言になる》

エンディング後、ゲームを再起動してもイベントは特に起こらず、通常通りタイトル画面が表示される。

  1. ~0.077倍、あるいは~92%の速度
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。