Fandom


参考記事: Last Corridor (Undertale Wikiより翻訳・加筆)


この記事は未翻訳の記事になります。
この記事は英語版を参考にベースのみ作成した記事になります。こちらの記事を参考にあなたの力で記事を完成させてください。
ネタバレ注意!
この記事には大きなネタバレ要素が含まれています。もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。


さいごのかいろう(Last Corridor)ニューホームの町と王城を結ぶ回廊である。この場所で主人公はこれまでの行動と入手したEXPLOVEに応じた「最後の審判」をサンズから受けることになる。また、とのバトルが発生するマップでもある。

概要 編集

Delta Window

窓に刻まれたデルタルーン

回廊全体が山吹色をしており窓には全てデルタルーンの装飾が施されている。窓は光が差し込んで明るく、ギリシャ調の柱が回廊の終わりまで画面手前と奥にそれぞれ並んでいる。

回廊が黄色の色調で統一されている理由として、作中の黄色は「正義」(justice)を象徴する色であるためとする見方がある。ここでの"justice"は正義以外の意味「裁判官」または「判事」も同時に表すものと考えらる。これは作中でサンズが担う役割と一致しており、自身の正義に従いつつ中立と傍観を貫く彼の姿勢とも合っている。Gルートで主人公はさらに別の正義[1]を目撃することになる。

メインストーリー 編集

Nルート 編集

詳細記事はこちら: Sans#最後の審判
だいじなのは アンタが じぶんに しょうじき だったって ことだ。 これから アンタが なにを するか… オイラたちは アンタに まかせるよ。
— サンズ、審判後の会話


Thechoice

審判(Nルート)

回廊を半程まで進むと主人公の前にサンズが現れる。で出会ったときのようにシルエットのみの描写で口調も普段の彼とは異なる。サンズはEXPやLOVEの本当の意味を主人公に説明し、これまでの行いを振り返ると共にそれが正しいものであったか自問するよう告げる。それから間を置いて、主人公がどう思おうと今の結果は自分に正直に行動した結果だと総括する。話の後で以前のセーブデータをロードして再度サンズの話を聞きに来ると、入手したEXPあるいはLOVEに応じたサンズの審判を受けることになる。

EXPをまったく入手せずにNルートを進めた場合は展開が異なり、サンズは宣告を中断して主人公がここまでLOVEを得ずにやって来たことへの言葉を述べる。この会話を聞いた後にセーブデータをロードする、あるいは通常のリセットを行い再度不殺のNルートを進めて最後の回廊を訪れるとサンズは秘密のパスワードを主人公に打ち明ける。同様のリセットを何度か繰り返すとサンズの部屋のカギがもらえる。

いずれの場合も審判が終わるとサンズは姿を消し先へ進めるようになる。

TPルート 編集

主人公はサンズと遭遇しないまま回廊を通り抜けTPルートのエンドに向かう。またセーブポイントはなくなっている。

Gルート 編集

詳細記事はこちら: Sans#Genocide Route(Gルート)
SansFinalCorridorTalk

戦闘前(Gルート)

セーブポイントの隣に他のルートにはないいじげんボックスが追加される。この先の戦闘が実質Gルートのラスボス戦となる。このルートではサンズは主人公の前に立ちはだかり、次に起こり得る時間軸の消失は主人公が原因だとして先へ進ませまいと力を尽くす。

主人公はサンズを斬り倒すとそのまま謁見室へと向かう。

参照

  1. "justice"には「処罰」や「報い」の意もある。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。