Lesser Dog(レッサードッグ)はスノーフルの森で出会うモンスターである。強制エンカウントではなく、攻撃してHPを減らすことによっても逃がせるが、1度しかエンカウントできず、見逃すとGルートは失敗。彼とはスノーフルの森の全てのランダムエンカウントポイントで出会え、彼と戦闘しないとジェリーギフトロットとは一切エンカウントできない。後に見張り台とグリルビーズにてNPCとして姿を確認でき、ロイヤル・ガードの一員である。

プロフィール[編集 | ソースを編集]

外見[編集 | ソースを編集]

レッサードッグの毛は明るいクリーム色で、いつも赤い舌を出している。灰色の金属製と思しき鎧を着ており、腰の辺りを暗い灰色の帯で留めている。剣とDelta Runeの刻まれた盾を装備している。

性格[編集 | ソースを編集]

他の犬のキャラクター同様、レッサードッグは体に触れられたりぼうきれを投げられたりすると興奮する癖を持つ。ぼうきれを投げると1度のみ、撫でることによって刺激を受けるととほぼ無限に首を伸ばすことができる。7度首を伸ばすと、以降は全く攻撃して来なくなる。また、興奮させればさせる程、勝利時に高額のゴールドをくれる。

レッサードッグは見張りの仕事の合間にカードゲーム(所謂ポーカーやGo Fish、大貧民)をして過ごすのが好きなようである。しかし、自分と対戦して負けているあたり決して上手いわけではない。

面白いことに、レッサードッグは他の番犬達の話題に上がることはない。彼を殺してもグリルビーズにいる他の犬たちは何の反応も示さない。一方で、レッサードッグが唯一生き残りの番犬となった場合も、彼は相変わらずカードゲームをしている。

ストーリー本編[編集 | ソースを編集]

Nルート[編集 | ソースを編集]

スノーフルの森の見張り台で待っている間、レッサードッグは殆ど犬の雪像を作って過ごしている。その際作る雪像の首の長さはほぼ本人と同じくらいである。近くに立っているシカのモンスター曰く、レッサードッグは雪像制作を非常に楽しんでおり、決して止めることはないらしい。レッサードッグは撫でられた喜びを雪像制作への情熱に変えているようで、主人公に撫でられると雪像が完成されていくことからもこのことが伺える。更に撫で続けると見張り台の周りが雪像だらけになる。逆に殺されると、見張り台の前に崩れた雪山だけが残る。

Pルート[編集 | ソースを編集]

エピローグではレッサードッグはグリルビーズに座っており、ついにポーカーで自分に勝利したようである。スノーフル図書館でわんさいぼうと遊んでいないのは彼だけである。スタッフロールでは、砂浜で犬の砂像を作っている姿が見られる。

台詞[編集 | ソースを編集]

  • (ヘッ… ヘッ…) [エンカウント]
  • (シッポ フリフリ) [中立]
  • (ワン) [中立]
  • (ヨダレ タラタラ) [中立]
  • (ハァッ! ハァッ!) [逃がせる状態で、その後3回ナデナデ するまで]
  • (ハフハフ ハフハフ グルルル) [逃がせる状態からナデナデ 3~5回目]
  • (ウィーン ウィーン) [逃がせる状態からナデナデ 6回目]
  • (ゴゴゴゴ キィーン) [逃がせる状態からナデナデ 7回目]
  • (コポコポ シュー) [逃がせる状態からナデナデ 8回目]
  • (…) [逃がせる状態からナデナデ 9回目と11回目]
  • (ァゥー…) [逃がせる状態からナデナデ 10回目]
  • (ワンワン) [逃がせる状態からナデナデ 12回目]
  • (ハッハッ) [逃がせる状態からナデナデ 13回目]

フレーバーテキスト[編集 | ソースを編集]

  • ポメラニガンという そざいで できた “ドガー”を そうび。 [ぶんせき]
  • レッサードッグが あらわれた。 [エンカウント]
  • レッサードッグは くびを かしげている。 [中立]
  • ドッグフードの においがする。 [中立]
  • レッサードッグは こちらの ぶきを ほねっこジャーキーだと おもっている。 [エンカウント]
  • レッサードッグは まわりに きを とられている。 [中立]
  • すこし てを のばした だけで レッサードッグは こうふんした。 [ぼうきれを使わないでナデナデ]
  • ぼうきれを なげると イヌは はしって とりにいった。 そうやって しばらくあそんだ。 [ぼうきれを使用]
  • レッサードッグは こうふんして ワンワンほえている。 [逃がせる状態で、その後3回ナデナデするまで]
  • そっと レッサードッグに ふれた。 すでに しっぽは ちぎれんばかり。 [逃がせる状態からナデナデ 1回目]
  • レッサードッグを なでた。 あたまを もちあげて てのひらに グイっと おしつけてくる。 [逃がせる状態からナデナデ 2回目]
  • レッサードッグを なでた。 よ~しよしよし… [逃がせる状態からナデナデ 3回目]
  • レッサードッグは こうふんしすぎだ。 [逃がせる状態からナデナデ後 3~6回目]
  • レッサードッグを なでた。 ますます こうふんしている。 [逃がせる状態からナデナデ 4回目]
  • クリティカル ナデナデ! レッサードッグの こうふんは さらに じょうしょうした。 [逃がせる状態からナデナデ 5回目]
  • レッサードッグを なでるには ジャンプしなくては ならない。 [逃がせる状態からナデナデ 6回目]
  • まだ なでても いないのに レッサードッグは さらに こうふんした。 [逃がせる状態からナデナデ 7回目]
  • レッサードッグは とどまる ところを しらない。 [逃がせる状態からナデナデ後 7~12回目]
  • もはや このきょうきを とめる すべは ない。 [逃がせる状態からナデナデ 8回目]
  • レッサードッグは くもの せかいに とつにゅう した。 [逃がせる状態からナデナデ 9回目]
  • レッサードッグを よびもどそうと したが ておくれだった。 かれの みみには とどかない。 [逃がせる状態からナデナデ 10回目]
  • [逃がせる状態からナデナデ 11回目]
  • レッサードッグに てが とどく ようになった。 [逃がせる状態からナデナデ 12回目]
  • レッサードッグを なでた。 [逃がせる状態からナデナデ 13~18回目]
  • レッサードッグは さがっている。 [逃がせる状態からナデナデ後 13~18、26~30回目]
  • ちょっと しんぱいに なってきた… [逃がせる状態からナデナデ 19~31回目]
  • レッサードッグは もじの よみかたを べんきょう している。 [逃がせる状態からナデナデ後 31~32回目]
  • レッサードッグを なでられない。 それでもイヌは ありがたそうに している。 [逃がせる状態からナデナデ 32~33回目]
  • レッサードッグは こちらが みえないので キュウキュウ ないている。 [逃がせる状態からナデナデ後 33~41回目]
  • あ! みえた。 [逃がせる状態からナデナデ後 42~44回目]
  • じんるいは こんなに イヌを なでる べきでは ないのかも しれない。 [逃がせる状態からナデナデ 43回目]
  • まだまだ のびる。 [逃がせる状態からナデナデ 44~50回目]
  • レッサードッグは そのコマンド せんたくに ぎもんを かんじて いるようだ。 [逃がせる状態からナデナデ後 45~51回目]
  • レッサードッグに てがとどかない。 [逃がせる状態からナデナデ 51~52回目]
  • レッサードッグは これまで どのイヌも とうたつしていない ところまで きた。 [逃がせる状態からナデナデ後 52~53回目]
  • まだ やるの…? [逃がせる状態からナデナデ 53回目以降]
  • レッサードッグは うしろあしの あいだに しっぽをしまっている。 [低HP]

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • レッサードッグはギフトロットに飾り付けをした人物の一人であると推定されている。ギフトロットから外された様々な飾りのうちの一つに、小屋の中を覗いても確認できるイヌ印レーズンに類似するイヌ無印レーズンの箱がある。

「参考記事:Undertale Wiki(Undertale Wikiより翻訳・加筆)

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。