この記事は未翻訳の記事になります。
この記事は英語版を参考にベースのみ作成した記事になります。こちらの記事を参考にあなたの力で記事を完成させてください。

Lobby[編集 | ソースを編集]

Diamond Receptionist (1)[編集 | ソースを編集]

よく折り紙に似ているこのモンスターは、話しかけると挨拶を返してくれて、METAホテルがどれだけ滞在あるいは通過に最適であるかを教えてくれる。メタトンを殺した場合は彼について尋ねてくる。彼らが言うには、メタトンは自分たちがどれだけ角の立った性格でもそれを理解して雇ってくれたらしい。[1]Pルートの終わりには、METAホテルが閉鎖することを伝えてくるが、それでもなお通過には最適であると考えているようだ。

Hand Receptionist (2)[編集 | ソースを編集]

このモンスターはみやこ行きのエレベーターが動いていないことを説明し、部屋を格安で提供してくれる。一泊200Gでホテルに宿泊することができる。 メタトンが殺されていると、彼がどこにいるのか、そして放送中止は彼らしくないとは述べる。Pルートの終わりには Diamond Receptionistと同様にMETAホテルは閉鎖し、今後客を迎え入れないという。

Sad Dragon (3)[編集 | ソースを編集]

家に帰れず、METAホテルに滞在せざるを得ないモンスター。家族に自分がいない間は買いだめしてある冷たいピザを食べるように電話で話している。

Shambling Mass (4)[編集 | ソースを編集]

ゲームのイベントの進行によって感情が変化するモンスター。エレベーターが動かないことに憤りをあらわにしたり、バリアが破壊されたことを喜んだり、メタトンが主人公に殺されたことを悲しんだりと、様々に変化する。

ビジュアルはARGのTribeTwelveのオブザーバーを参考にしている。大きな黒い一つの目や、頭の形がオブザーバーの髪型に類似している。

Business Manticore (5)[編集 | ソースを編集]

METAホテルのエレベーターの状態について教えてくれる。隣にある荷物から、仕事を中断して出発する準備をしていることがわかる。 トビー・フォックス氏がいくつかの曲を手掛けているJade HarleyのHomestuck というウェブコミック中のキャラクターとの類似点が存在する。赤い靴、丸眼鏡、黒い長髪、白いファーなどが共通している。 メタトンが殺されていると、メタトンが5分以上出演していないことに気づき、何が起こっているのかを主人公に訊ねてくる。

Hallway[編集 | ソースを編集]

MTT Resort Janitor[編集 | ソースを編集]

Restaurant[編集 | ソースを編集]

Fish Receptionist (1)[編集 | ソースを編集]

Snowdrake's Father (2)[編集 | ソースを編集]

Charles (3)[編集 | ソースを編集]

Oni (4)[編集 | ソースを編集]

Ficus Licker (5)[編集 | ソースを編集]

  1. "He hasn't come by lately. I have a lot of respect for that man. I had trouble getting a job because I am so pointy and angular. But, being a rectangle, he understood my struggles." - Diamond receptionist
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。