Fandom


参考記事:http://undertale.wikia.com/wiki/True_Pacifist_Route (Undertale Wikiより翻訳・加筆)

ネタバレ注意!
この記事には大きなネタバレ要素が含まれています。もしゲームをクリアしていないのなら、この記事を読むことはお勧めできません。
この記事は未翻訳の記事になります。
この記事は英語版を参考にベースのみ作成した記事になります。こちらの記事を参考にあなたの力で記事を完成させてください。

概要編集

全てのモンスターを例外なく生存させることが前提条件になっているルート。

パピルスアンダインアルフィーとデートを行った後にしんじつのラボに行くことが出来るようになり、そこに到達することでこのルートが確定する。ただし、アルフィーとのデートを行うにはまずNルートを一度クリアしている必要がある。

  • ルート確定後に登場するモンスターに攻撃を与えることはできなくなり、必ずMISSになる。
  • 地下世界の皆と友情を結び、平和な世界を迎えるエンディング。トリエル達と一緒にいるか、元いた場所に戻るかの選択肢がある。
    • 一緒にいることを選択した場合、エンディングの中で、トリエルがプレイヤーの部屋の床に一切れのパイを置くシーンが追加で表示される。
    • 元いた場所に戻った場合は代わりに、主要人物たちとの集合写真が表示される。
  • このエンディングを迎えると「リセット」が「完全リセット」に変更され、通常リセットで引き継がれる情報も全て消した上で、名前を再設定しゲームを再スタートすることが出来るようになる。
    • 初めてこのエンディングを見た後、次にゲームを再起動すると、一度だけこれに関するフラウィのメッセージが追加される。
  • Gルートをクリアし、世界の再構築が選択された場合、次回以降このルートのエンディングでの結末が変化する。詳細は該当ルートを参照。

条件 編集

Pルートは以下の条件を全て満たす必要がある(ただし前提条件として1回はNルートをクリアしなければならない)。

  1. ゲーム中の全てにおいてエンカウントするモンスターを殺害することなく(=EXPを得ないで)戦闘を終える。ただしいせきマネキンナプスタブルークは倒しても影響はない(EXPが手に入らないため)。もしモンスターを1体でも殺害するとこのルートが成立しなくなるので、セーブデータのロードを行えばよい。
    • (戦闘を終える例として:モンスターを見逃す、逃げる、こうどうによる戦闘終了)
  2. パピルスと友達になり、デートを行う。パピルスとデートを行うにはパピルスとの戦闘を見逃したあとスノーフルにあるサンズ/パピルスの家に行き、家の前に立っているパピルスと会話する。
  3. アンダインと友達になり、デートを行う。アンダインとデートを行うにはアンダインとの戦闘から逃げ(ボスモンスター不殺対処法も参照のこと)、ホットランドのウォータークーラーがある部屋で倒れるアンダインに水を掛けた後、ウォーターフェルにあるアンダインの家へ行き、外に立っているパピルスと会話する。
  4. アルフィーと友達になり、デートを行う。アルフィーとデートを行うにはメタトンEXまでの戦闘を見逃した後、先へ進まずにMETAホテルへ戻る橋まで行くとアンダインから「(主人公から)アルフィーへお使いを頼みたい」と着信を貰った後スノーフルへ行き、パピルスと一緒に居るアンダインから手紙(アンダインの手紙)を受け取り、アルフィーのラボで手紙を差し出す。
    • (アンダインとのデートイベントが完了していない場合、METAホテルの橋でアンダインからの着信イベントが発生しないため、まずアンダインとのデートイベントを完了する必要がある。)
  5. しんじつのラボに行く(Pルート専用マップ)。アルフィーのゴミエリアでのデートが完了した後、パピルスから電話が掛かり、「アルフィーのラボに行ったほうがいい」と諭されるのでラボに行くと彼女のバスルームが開いており、その先のエレベータを起動することでしんじつのラボに行けるようになる。到着したエレベータは再起動せず後戻りは出来ないが、回復アイテムは入手するチャンスがある(Gが要るが)。
  6. しんじつのラボ内の動力室に入り、エレベータの電力を復活させた後、動力室へ経由するエレベータに乗ると見知らぬ声からの電話が掛かるイベントが発生し、ニューホームにそのまま移動させられる(=Pルートでの事実上のエンディングに到達)。乗ってきたエレベータは芝に覆われ後戻りは出来なくなるが、回復アイテムを持っていなくても詰むことはない(そのうえ入手するチャンスもしっかりある)。

このルートではラスボスがアズゴアからアズリエルに変化する。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。